アセット・マネジメント部門

ロンバー・オディエ・インベストメント・マネジャーズ(LOIM)は、ロンバー・オディエ・グループのアセット・マネジメント部門です。お客様の長期的なご要望にお応えし、激動する世界情勢の中で優れた戦略を提供することを目的としています。

株式、債券、マルチアセット、転換社債、オルタナティブの各資産クラスにおいて、専門的な知識を有する約150名の運用プロフェッショナルが、約580億ユーロ1を運用しています。ロンバー・オディエ・グループの「Rethink everything」の理念のもと、全てを再考し、斬新で先駆的な運用戦略を展開しています。LOIMは、アジア、欧州、北米の13拠点にオフィスを擁し、世界の機関投資家や金融機関などのお客様にサービスを提供しています。

 

サステナビリティ:CLICTM経済への移行

ロンバー・オディエ・グループは、サステナビリティ(持続可能性)を運用の根幹とし、独自のサステナビリティ・フレームワークであるCLICTM経済モデルを構築しました。CLICTMとは、循環的で(Circular)、無駄のない(Lean)、全ての人々に平等で(Inclusive)、クリーンな(Clean)経済モデルを示しています。ロンバー・オディエは、現在世界がCLICTM経済への大規模な移行期にあると考えており、それに適した戦略を提案することで、お客様へ新たなアルファ(超過収益)の源泉及びリスク回避の機会を提供しています。

 

6つの運用テーマ

LOIMは、「Rethink everything」の理念のもと、以下の6つの運用テーマに基づきビジネスを展開しています。

 

1. CLICTM経済への移行

CLICTM経済への移行は、市場と経済の相乗作用を原動力に、将来のリスクとリターンを左右する最も重要な要因の一つと考え、移行を見据えた戦略を提供しています。

戦略:ナチュラル・キャピタル | クライメイト・トランジション | ターゲット・ネットゼロ株式 | ターゲット・ネットゼロ債券  | テルヌーブ | クライメイト・ボンド 

 

2. グローバルトレンドの変化に伴う成長機会

資産クラスや地域を問わず、デジタル化、高齢化およびグローバルな消費者トレンドの変化による成長機会を獲得する戦略を提供しています。

戦略:ワールド・ブランド | ゴールデン・エイジ | フィンテック

 

3. 更なる投資機会の発掘

豊富な経験を有する運用スペシャリストが、既に投資を行っている市場においても更なる価値を見出すことを目的とした戦略を提供しています。

戦略:ヨーロッパ株式 | スイス株式 | スイス債券

 

4. アジアの発展が生み出す魅力的な投資機会

中国やインド、その他の急速に発展しつつある国において、今後の経済発展に伴い多くの投資機会が創出されることを鑑み、アジアに特化した戦略を提供しています。

戦略:アジア・クレジット | アジア・ハイコンビクション株式 | 中国・ハイコンビクション株式

 

5. インカム収益の獲得

様々な経済政策が実施される現在、お客様のインカム収益への需要の高まりは今後も続くと考え、インカム志向の戦略を提供しています。

戦略:クロスオーバー ・クレジット | アジア・クレジット | プライベート・アセット

 

6. 変化の多い市場環境における資産保全と投資機会の提供

地政学リスク、サプライ・チェーン・リスクおよびグローバル化の後退などで市場のボラティリティは上昇します。このような状況下においても資産保全とリターンを同時に追求することができる戦略を提供しています。

戦略:マルチアセット(オールロード戦略| 転換社債 | 1798 オルタナティブズ

詳細はこちらをご参照ください。

 

強固な財政基盤

ロンバー・オディエ・グループは強固な財務基盤を維持しています。フィッチ・レーティングスからAA- の格付けを取得し、ティア1比率は29.7%と世界で最も自己資本比率の高い金融機関の一つです2。220年以上前に設立されて以来、40回もの金融危機を乗り越え、「Rethink everything」の理念のもと、激動の世界において力強く成長してきました。

 

1 出所: LOIM。2020年12月31日時点。
2020年12月31日時点,、フィッチ・レーティングおよびバーゼルIIIに基づく普通株式等Tier比率 (CET1比率)

お問い合わせ

カテゴリーを選択してください。

名前を入力して下さい

姓を入力して下さい

有効なメールアドレスを入力して下さい

Please enter a valid phone number.

国を選択してください

営業担当者を選択してください。

メッセージを入力して下さい

メッセージを送信できませんでした